読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

and_MATILDA’s story

《映画×食》想像し、形にする。日々の経過をマイペースに綴る"美味しい"ブログ。

SCENE #4 餅つきのこと

今年はおばあちゃんが元気がないので、

おばあちゃんの技を受け継いで私がお正月の餅つきを担当することに。
 

f:id:and_MATILDA:20141224233851j:plain

 
小さい時に毎年見てたとはいえ、
そこはやっぱりおばあちゃんの知恵袋炸裂な。
立派に言うと我が家の伝統みたいなもの。
 
機械でつくからと言ってもなかなか難しいらしい。
 
今日はその作り方をしっかり聞いてきた。
 
それでちょっと、餅について調べてみました。
 
昔は、正月や節分前になると餅つきをするのが大切な習慣だったらしい。
 
おばあちゃんが28日ぢゃなきゃダメだとしきりに言うもんだから、
なんでだろう?
なんて思ったら…
 
26→ロクなことがない
29→「苦」に通じる(フクに通じるから良いとする寺もある)
31→「一夜もち」と言って餅がしっかり固まらず、鏡餅が沈んでしまうから縁起が悪い
 
あとは、慌ただしい準備はお通夜やお葬式を連想させるから良くないらしい。
 
そういう意味で縁起をかついで28日か30日ぢゃなきゃダメで、
うちは習慣で28日が餅をつく日なんだとか。
 
今は高齢者が溢れてるけど、
時代はどんどん変わってそういう知識や伝統みたいなものは減ってる。
 
今日久しぶりに近所のおばちゃんに会って思ったけど、 
 
私が実家に戻ったことをぎゅーってハグしてすごく喜んでくれて、
この通りは老人ばっかりだけど、まだまだ頑張るわっなんて、
茶目っ気たっぷりに話してくれた。
 
おばあちゃんもおじいちゃんも近所の人も、私が小さい時から老人だったけど、
いつも元気でアクティブで楽しい人たちだった。
 
私が大人になった今、
自分はアクティブに動くことできるけど、
今度は逆にみんなそれぞれちょっとずつ弱ってる。
 
そうなると、
なんかこっちもできることないかななんて気に。
 
身近にできることは、、、
極力関わることなのかな。
 
高齢者社会なら、知識が溢れてる人がたくさんいるんだから色々教わろうかな。
別に自分の好きなネタで良い。
気負いしないで、できることをちょっとやってみればいい。
 
そりゃあいい人ばっかりぢゃなくて、
面倒だなって思うこともあるけど、
せめて心を開いてくれる気のいい人たちは大切にしないとね。
 
若者たちは受け継がなきゃいけないことたくさん。
 
そんな真面目なことを考えました。
 

f:id:and_MATILDA:20141224234846j:plain

 
 
 
《TODAY’S MOVIE》
 
f:id:and_MATILDA:20141224235032j:plain
 
公開:2009年/アメリカ
 
1960年代に出版したフランス料理本で人気になった料理研究家ジュリアと、その全レシピを1年で制覇しようとしてブログに書く現代のジュリー。二人の実話を基にした作品。
 
見ていて美味しい映画。
昔の料理学校のシーンや女性の料理研究家としての苦労も面白く見れる。
料理もフレンチだから綺麗。
 
f:id:and_MATILDA:20141224235327j:plain
 
ちょうど、
若者が受け継ぐっていうような映画です。
 
美味しい映画を見たらクリスマスディナーも張り切っちゃいそう。
 
 
May the miracle of Christmas fill your heart with warmth and love...

 

《TODAY'S BGM》
 
and_MATILDA♡