読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

and_MATILDA’s story

《映画×食》想像し、形にする。日々の経過をマイペースに綴る"美味しい"ブログ。

SCENE #7 旅のお供にごちそうを。

 

1月2日早朝。

 
おばあちゃんの割烹着を借りて、やっと帰ってこれたおばあちゃんにごはんを。
 
久しぶりの食事だからお雑煮も豪華な蟹汁。
 
【雑煮】
正月に多く食べられる、餅を具材にした汁料理。地域や家庭によって違いがある。旧年の収穫や無事に感謝し、新年の豊作や家内安全を、一年の無事を祈って食べる。
 
蟹を割って水の入った鍋に投入。
殻に切れ目を入れたほうが蟹の旨みが出てきます。
 
 f:id:and_MATILDA:20150103132409j:plain
 
しばらく煮るとアクが出るので、丁寧に。

f:id:and_MATILDA:20150103132524j:plain

 

蟹汁は、蟹の質や出汁の取り方で美味しさが変わる。
だから、美味しくなるように気持ちを込める。
 
拍子切りにした大根や椎茸、人参、賑やかに具はたくさん。
 

f:id:and_MATILDA:20150103132619j:plain

先日作ったお餅も入れて、特製のお雑煮できたよっ。

f:id:and_MATILDA:20150103132922j:plain

 
みんなで力を付けなくちゃいけないから、やっぱり元気が出るおむすびも。
 
もちろん、あの梅干しで。
みんながおばあちゃんのやたらしょっぱい梅干しの味に感謝するように。
 
ふっくらほっこり優しく握る。
自然と気持ちがこもる。
 
元気になるよう、まじないをかける。
 

f:id:and_MATILDA:20150103133027j:plain

 
あとは、何をつくろうか。
 
おばあちゃんがよく作ってくれたほうれん草の胡麻和え。
 
【胡麻和え】
炒ったゴマを擦り、砂糖や醤油などで味付けをし、野菜などと合わせたもの。
 
重たーいすり鉢に炒ったゴマを。
 
粗く擦ったら、醤油、みりん、砂糖を入れてよくする。

f:id:and_MATILDA:20150103133214j:plain

 
初めてやるから、おばあちゃんの姿を思い出して見よう見まね。
 
確かやたら甘かったなぁーなんて砂糖を足す。
また足す。
 
塩を少したすと、
柔らかい甘さになる。
おかずらしい味に。

f:id:and_MATILDA:20150103133546j:plain

 
美味しい物の食べ過ぎで身体を壊したんだから、よっぽど料理上手だねー。
 
味付けが違うかもしれないけど、
やることに意味がある。
 
ごはんのこと、心配してたから、ちゃんと受け継ぐよって伝えないと。
 
ほら、なんとか形になった。
 

f:id:and_MATILDA:20150103133639j:plain

 

欲を言えば、完璧になんてできないから夢の中でもいいから会いに来て欲しいよ
 
美味しくなさそうだけど、
しきたりだから、枕団子も作る。
 
【枕団子】
亡くなった人が、善光寺詣りをする途中のお弁当にする。
食べたくて蘇るのでは、という意味で白米や団子を供える。
 
上新粉と水を合わせて耳たぶくらいになるように練る。
 

f:id:and_MATILDA:20150103133814j:plain

 

すっごく楽しかったねって。
ありがとうって。
頭の中にはずーっとその言葉がループする。
 
まとまったら、蒸し器に。

f:id:and_MATILDA:20150103133857j:plain

 

20分くらいしたらすり鉢に入れてよくつく。

 

f:id:and_MATILDA:20150103133941j:plain

 

再び丸める時はピンボールくらいに。
 
更に蒸す。
 
私の団子は艶がなくて、
見兼ねたおばあちゃんの友達がやり方を教えてくれた。
 
途中、蓋を開けてうちわで扇いではまた閉めて、
これを繰り返すとだんだん艶が出て美味しそうに見えるんだって。
 
教えてやるから、こうやって一つずつ覚えていけばいいんだよって。
 
完璧には出来なかったら、
そうやるじゃにゃあよ!なんて出てくるかもしれないしねっ。
 
白い小皿に3つ並べる。
 

f:id:and_MATILDA:20150103134235j:plain

 
なんだか桃太郎のきびだんごみたい。
 
すぐ友達作っちゃうから、旅の途中で猿やキジ、もしかしたら神様みたいなのも引き連れちゃうかもね。
 
すぐ人気者なんだから。
 
今だって、おばあちゃんに会いたくてお家にひっきりなしにお客さんが来る。
 
お家に長く居たかったから、わざと年始を選んだね。
1日だと悪いし、2日に毎年必ず家族で集まれよって意味だね。
 
いつも通り、さすがっす。
 
おじさんが亡くなった時、おばあちゃんが言ったこと。
 
おじさんは若いから悲しいけど、おばあちゃんの時はもうこんなに悲しくないよって。
 
十分一緒にいたからそんなに悲しいことないから大丈夫だなんて言ってた。
 
嘘つけー。
悲しいじゃねぇか全く。
でも、悲しいとは違うかな。
ひたすら寂しいよ。
 
 
たくさんのこと教えてもらったけど、一番は「もてなしの心」
 
一番最初におもてなしするのはおばあちゃん。
せっかく帰ってきたから楽しくね。
 
あったかーい心で、いつでもどんな人でも優しい空気に包む。
 
真さに、
寂しい人がちょっと幸せに、幸せな人がもっともっと幸せに。
そんな感じ。
 
毎日病室で隣で居眠りしたり、
レシピ考えたり、おしゃべりしたり、時々パックや髪洗ったり。
 
一緒にいる間はずーっと手をつないで。
 
 

f:id:and_MATILDA:20150103140304j:plain

 
今まで離れてたから、久しぶりに四六時中一緒にいた。
 
ポカポカして、本当にすごく楽しかったー。
 
どうにも表せないくらい大好きだなぁー。
 
ありがとう。
これからも、ずーっとありがとうって思う。
 
またあいたいねっ
またねっ(^ ^)
 
 
今日のブログは、
旅の途中つまらなくないように、これも読んでほしい。
 
そんな気持ちで綴りました。
 
 
次の回には、元気で楽しいSCENEを綴りますので、
今年もよろしくお願い致します。
 
素晴らしい一年を。
一分一秒を大切にしてください。
 
《 TODAY'S BGM 》
いつも通り音楽を聴いて心のこもった料理を。
 
 
最後に、
病院で仲良くしていただいた山本さん。
山本さんがいてくれて病院でも寂しくなかったみたいです。
心から、ありがとう!
連絡先をお聞きしていなかったので、家族みんな御礼を言いたがってます。
読んでくださったらご連絡頂けると嬉しいです。
 
 
 
...Bon voyage‼︎
 
 
and_MATILDA♡