and_MATILDA’s story

《映画×食》想像し、形にする。日々の経過をマイペースに綴る"美味しい"ブログ。

SCENE #11 大人ショコラorお子様ショコラ?

今日のSCENEは、ドリンクを。

 
温かいチョコレートのドリンク、
ショコラ・ショー。
 
【ショコラ・ショー】
フランス語で熱いチョコレートの意味。ココアとの違いは、原材料。ココアは、一般的にカカオ豆から油脂分を除いた粉末ココアから作られる。ショコラショーは、チョコレートそのもので作られるので、より贅沢なドリンク。
 
 
テオブロマというショコラティエで買ったショコラショーを使います。
 

f:id:and_MATILDA:20150128001939j:plain

 
来月はバレンタインですね。
 
プレゼントボックスのチョコレートを渡すのもいいけれど、
 
素敵なカップを選んで
ディナーの後に
ほろ苦いショコラショーをプレゼント
なんていかがでしょう。
 
その場で作ってあげるのも素敵ですね。
 
外でプレゼントすると、その場で食べてくれない時もありますよね?
 
でも、プレゼントって渡す方だって楽しみたい。
プレゼントを開けたとき、
食べた時の表情が見たいからね。
 
実際そんなにロマンチックにならないだろうけど、
映画「ショコラ」のシーンを思い出します。
 

f:id:and_MATILDA:20150128002017j:plain

 
牛乳と生クリームを火にかける。
 
スープの回と同じで、
生クリームが入るとコクが増す。
でも、入れすぎるともたれる原因にもなりますのでお好みで。
 
ショコラショーのもとを加えてまぜまぜ。

f:id:and_MATILDA:20150128005640j:plain

 
味は甘くなく、ほろ苦いです。
好みに合わせて、砂糖を足して。
 
もう出来上がり。
 
 
大人の男性なら、ボンボンショコラを添えてみたり。
 
ショコラショーにリキュールを少し入れて香りをつけてみたり。
 
日本人には口直しの、フレッシュフルーツを添えたり。
 
食感を面白く、ドライフルーツを添えるのもおしゃれ。
 
たくさんだとしつこい飲み物なので、
少し物足りないくらいの小さな器が良いんじゃないかな。
 

f:id:and_MATILDA:20150128005808j:plain

 
チョコレートって子供っぽい印象もあるけど、
実はものすごく大人なスイーツだと思います。
 
どちらかというと男性的なイメージ
 
ウィスキーのつまみにしたり。
 
ピンキリだけど、高級なチョコレートは一粒に込められた味が面白いんですよね。
 
 
テオブロマのショコラショーは、
この缶に入って、
「良い箱」に包まれているのが好きなんです。
 

f:id:and_MATILDA:20150128005840j:plain

 
普段大雑把だけど、これは特別に。
 
使い終わったらわざわざ箱にしまうんです。
 
箱から出す時、
ちょっとワクワクして、
 
なんだか「とても良いもの」を隠し持っているような気分になる。
 

f:id:and_MATILDA:20150128005709j:plain

 
実はショコラショーを飲むのは、
というか、、甘いドリンクはあまり好きじゃないのだけれど。
 
ただ、ワクワクしたいだけ。
 
人に作って、この特別な気持ちをお裾分けしたいだけ。
 
このブログを読み返していても、思うけど。
 
誰かに届けたい
 
それを想像して、
作る楽しみを感じている気がします。
 
最初は漠然と、
映画と料理を絡めたい。
 
「映画をイメージした料理をやりたい」
 
そんな風に思っていました。
 
例えば、
映画の世界観だったり。
 

f:id:and_MATILDA:20150128010501j:plain

 
イメージする色だったり。
 
のように、映画に登場する料理だったり。
 

f:id:and_MATILDA:20150128010152j:plain

映画からイメージして作ることを考えていました。
 
でも、
 
今やっていることは、
 
料理から、映画をイメージする。
 
もっと言えば、
 
料理から、
映画の登場人物をイメージする。
 
「誰に届けたいか?」を想像する。
 
映画を見るとき、
ストーリー展開も大事だけど、
どれだけ登場人物に感情移入できるかとか、
主人公を観察しているような気になります。
 
思えばストーリーよりも、
登場人物の印象が記憶に残っているんです。
 
だって、
展開がつまらないと、
早送りして主人公がどんな答えを出すのか?
それだけ掻い摘んで飛ばして見ることもある。
 
だから、
人におすすめを聞かれると答えに困るのかな。
 
おすすめは?
 
と聞かれるの大嫌いです。
 
 
好きな登場人物は?
の方が良い。
 
きっと私にとって、
作ることは
想像でも
現実でも
届けたい人がいてこそ面白みがあるものなんだ。
 

f:id:and_MATILDA:20150128010741j:plain

 
最近、このブログを読んでくださってる方が意外とたくさんいて嬉しいです。
 
仲良しの友人だけかな?なんて思っていたら、
 
何年も会っていないような古い友人が突然、
読んでるよって連絡をくれたり。
 
以前、呼びかけをした山本さんにも届いて、
祖母の葬儀の日に会いに来てくださったり。
 
言葉の力って面白いなって思う。
 
とても有難いし、嬉しい。
 
感謝の表現として、
 
読んだあと、
 
「あー、美味しかった。」
 
なんて思っていただけるような文を書けるよう、
美味しいものを追求していきますね。
 
読んでくださった方が、
映画や気になる料理について、
もしご要望いただけたら、そういうのも題材にしてみたいです。
 
そんなのも楽しみですね。
 
 
《 TODAY'S MOVIE 》
 
製作:2010年/アメリカ
 
ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグは、学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリンと共に立ち上げる。サイトは瞬く間に学生たちに広がり、新たな出会いを経て、学校という枠を超えて社会現象を巻き起こすほどに成長していく。Facebook誕生を描いた伝記ドラマ。
主人公は、字幕が追いつかなくなりそうな台詞量でスピード感もあります。大好きな監督の映画。
 

f:id:and_MATILDA:20150128005058j:plain

 
 
ショコラ・ショーは、砂糖を入れなければほろ苦いんです。
 
つまり私の解釈は、大人向けにもお子様向けにもできるということ。
 
マークの能力は頗る高く、言葉も早口で鋭い。
なかなか太刀打ちできない人物です。
 
でも結局彼がたくさんの人々を巻き込んだそもそもの原動力は、
嫉妬だったり悔しさだったり。
 
恋、とも言いがたい独りよがりな子供っぽい感情。
映画を見ているとこっちまでむかつくんですが、なんだか憎めない。
 

f:id:and_MATILDA:20150128005126j:plain

 
そんな彼には、
うーんと甘くしたショコラショーを。
 
大きなカフェボウルに注いで
上に甘いホイップクリームを乗せて。
 
会議の最中に
「これでも飲んでなさいっ」って言いたい。
 
きっと、無表情でこっちを見て黙って飲むような気がします。
 

f:id:and_MATILDA:20150128005145j:plain

 
もう一つ。
 
チョコレートって、何かと合わせるとより美味しいんだけど。
 
味の個性が強いから、どの食材よりもチョコの香りや味が勝る。
 
逆に、「チョコ風味」になってしまう方が美味しさを損なうと思う。
 
個性が強いのに、溶け合うとバランスが良い。
 
マークもそんな気がします。
個性は最大の武器に。
でも、他と溶け合えば無限に能力が広がるんだろうな。
 
【ショコラ】
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:ジュリエット・ビノシュ/ジョニーデップ
製作:2000年/アメリカ

http://movies.yahoo.co.jp/movie/ショコラ/162817/ 

f:id:and_MATILDA:20150128002824j:plain

 ファンタジーまじりな大人のラブストーリー。

古くからの伝統が根付くフランスの小さな村に、ある日謎めいた親子がやってくる。厳格な村にはふさわしくないチョコレートの店を始める。村人たちは怪訝そうにしていたが、ヴィアンヌのチョコレートを、そして客の好みにあったチョコを見分ける魔法のような力の虜になってしまう。やがて村の雰囲気も明るくなり、流れ者のルーと恋をする。

 

f:id:and_MATILDA:20150128003541j:plain

ショコラと言えば、こちらも欠かせない。世界観が素敵な映画です。
 
 
《 TODAY’S BGM 》
個性のある声を。
 


Melissa Laveaux - My Boat - YouTube


Good night...


and_MATILDA♡